スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三年のブログ放置

2014年11月27日 23:37

三年もブログを放置してしまいました。。
いくらブログ名が放任とはいえ、コメントもいただいていたんだな、気付かなくてごめんなさい!

この三年を振り返ってみると、、そうですね。
2011年の年末は、直近の記事でも記載していた組織を通じて、東北のご家庭へ
大根やらにんじんやら、お正月に使えそうな野菜たちを送ったのでした。
たくさん送ったらご近所にも配れるだろう、と畑でたくさん箱詰めして、
いざ近くのコンビニへ持っていこうとしたところ、モーレツに重くて(当たり前か)。
でもお礼の電話をいただいたり、こちらもあったかい気持ちになれたな。

我が家はあの後、練馬区内で一度引っ越したものの、今年は豊島区へ引っ越し。
練馬区を離れたことで、区民農園は使えなくなってしまいました。
ま、母の近くに引っ越すことができたのでいいのですが、
そのかわりに菜園をあきらめざるをえなかったという感じですね。

しかし失ってみると土が恋しい。。無心に鍬をふるいたい。。畝をたてたい。。
と思うのは病気でしょうか(苦笑)
ベランダ菜園は、土の処理に困りそうなので、いまいち取り組めないし。


菜園ネタのみを書いてきたこのブログに、今後ネタを書くことはもう無いのかもしれませんが、
ふと思い出して書きたくなったので、記載します。
スポンサーサイト

家庭菜園の野菜も被災地へ

2011年08月21日 21:17

先日いろいろ調べていたら、こんな活動をしているサイトを発見。

その名も「被災地に農を届けるプロジェクト」

被災地の中でも特に野菜不足が深刻な地域に野菜を届けようという活動。
・野菜を無償・有償で提供してくれる農家
・義援金
・ボランティア(主に事務局の方のようです)で成り立っている感じ。


活動結果を表すブログが現地をよく表現してくれていて、
何より書いている人の熱い思いが伝わってくる。
直近の記事では、配給が回ってこない時期に食が細ってしまった子供たちがいて
健康的とは思えないやせ方をしているという記載が特に気になった。

農家も今、特に東日本の農家は辛い時期。
自分の作った野菜がこんなにも笑顔で迎えられるって、嬉しいに違いない。

また過去の記事を読んでいると、家庭菜園で作った野菜を提供している方も
いらっしゃるではないか!
●詳しくは7/18のこちらの記事を参照

これ、菜園やる上で、モチベーションアップになりそうです。
そこのセミプロ菜園家の方、野菜を届けてみませんか?(笑)
とはいえ少量だともらう側も分配が難しいだろうから、
食べきれない収穫をもてあます方々で共同で送ると喜ばれるかも。

うちは、練馬の露地栽培野菜も今のところ安全なようなので、菜園も大丈夫かなと一安心ですが、今年手入れしなかったツケが野菜たちに出ているので、まずは義援金にしました(言い訳)
活動資金がたくさん集まって、農家にももっとフィードバックできるようになるといいな。

はじめてのスイカ

2011年08月21日 20:59

随分と更新を怠ってしまった。ちょっと近況を。。


特に今年に入っておきた震災は、あまりに衝撃的で、私のココロはすっかり
家庭菜園どころではなくなってしまっていた。
のんきに野菜作ってる場合なのか?と。

加えて放射能不安。少量ではあっても、確実に私の住む練馬にも降った。
ちょうど収穫末期だった葉物野菜たちを食べることをやめた。

仕事も3月から新しい職場で働いていたが、震災後しばらくは
普通に働いている場合じゃないでしょ?みたいな気持ちと、
でも職があるだけでも感謝して必死で働かなければ申し訳ない、
という気持ちがせめぎあっていた。

それでも東京の生活は計画停電の終了とともに徐々に戻り、
震災直前に植えたじゃがいもは生長し、5月には夏野菜の苗を買い植え付けしていた。
菜園への楽しみを取り戻したくて、今年はじめて小玉スイカの苗を購入。
はじめて収穫したスイカは、未熟で中身は真っ白。
その後は、収穫適期を家人が判別してくれるようになり、甘いにありつけている。

今年2月に旅立った実父の新盆の膳にもスイカを「甘いよ~」と自慢げに供えてみた。
実母も甘くて美味しい!と大喜び。
今年はほとんど家人が畑の手入れをしてくれているんだけど
まあ、自慢の息子ができたと二人ともずっと喜んでいたから、最高のお供えに違いない

とうもろこし収穫

2010年09月27日 22:54

9/26(日)、ほぼ2か月前に種をまいたとうもろこしのヒゲが茶色くなってきました。
実は小さいけど、これはきっと収穫どきだ~と思い、半分以上収穫しました!

ほとんどがアワノメイガにやられていて、唯一食害がなかったのは、これ。
収穫とうもろこし

2週間ほど前に受粉作業のあと、実に不織布をかぶせていました。
でも期待して皮をむくと、受粉不良で歯抜けなんですよ~。
受粉作業だけではやはりダメなんですね。やはり日常的に自然受粉できる環境でないと。

受粉がうまくいったものはというと、アワノメイガにも美味しい実のようで、
皮をむくとゴロッと出てくるんですよね。まるまる太ったのが。
畑で、「ひっ」「うっ」と何度も声が出てしまいました。

そんなでも、自分で育てたトウモロコシはやはり可愛く、虫食いを丁寧に取り除いて
湯がきました。唯一虫の食害のないものは、少しだけ生でも試食。
(品種はサニーショコラです)
うん、夕方に収穫したわりに十分に甘いです!茹でたものも、なかなかの味わいでした。
茹でとうもろこし

トウモロコシに雌花

2010年09月12日 14:31

ヒョロリとうもろこし
とうもろこし、9/11時点で雌花が出ていました。
でも肥料を入れていないから、ヒョロヒョロで、背丈も1メートル3,40くらい。
できてもヤングコーン並みかも。
なかには、畝端にぶっとく高めに育っているものもあるんです。
じゃがいも跡地自体はあまり残渣がなかったけど、畝端にはインゲンなどの残渣が少しあったので、その影響?それともマメ科の影響?


茎に穴があいていたり、ふわっとした糞がところどころついています。
先週もアワノメイガの幼虫をみかけましたので、ホジホジして補殺。
でも茎に入り込んだら、補殺もできません。。このままだと全滅?
でも試験的に栽培しているので、ま、いいかとお気楽な栽培です。
雄花をきりとって、受粉作業。なるほど甘ったるい香りがします。
これにガが寄ってくるわけですね。。


来年は、雄花が出るころに薄めた酢でも散布してみようかな。
雌花

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。